子供用デンタルフロス【FLOSSY!】は超おすすめ!大人もOK!

【FLOSSY!】は子供におすすめのフロスです

f:id:sawa-mori:20180324072055j:plain

みなさーん、フロスしてますか?

歯ブラシより大事なのがデンタルフロスなんですよ。特に食事のあとは唾液による歯の再石灰化を促すために、歯磨き粉を使った歯磨きではなく、デンタルフロスを使ったヨゴレ取りにとどめるべきなんです。

「歯はみがいてはいけない」というショッキングな本を読んで、自分のデンタルフロスと、ついでに子供用のデンタルフロスAmazonでポチり。

60本入りで600円弱。

1本あたり10円程度。まあ、安くはないですよね。
それもそのはず。大人用と違って、6種類のフルーツフレーバーがついていて、1本ずつ個包装されています。6種の味付きなので、個包装せざるをえないのでしょう。ちょっと試しに使ってみたら、すぐに味がなくなってしまいます。子供のうちは子供用で習慣づけを行って、もう少し大きくなったら大人用を使ってもらいたいです。

子供の反応は上々の【FLOSSY!】

子供は大人がやっていることはマネしたいものです。自分用のフロスが届いたので、嬉々として使っています。フレーバーが美味しいようで、6種類から楽しそうに選んでいます。

ただ、娘はものすごいスキっ歯なので、前歯はスカスカ〜。奥歯はやりにくいので嫌がります。だんだんとやり方を指導しないといけませんね。

子供じゃなくても使いたくなる【FLOSSY!】

このFLOSSY、実は大人も愛用しています。

小さすぎないヘッドなので、女性には案外ちょうどいいサイズ。

しかも個包装されているので、ちょっとポーチに入れておけば、外出先でもフロスできます。これ、結構大事です!

あと、地味にいいなと思うのは、子供用に尖った部分がないように丸く処理されているので、捨てたあとにゴミ袋に穴が開いたりしない!

(主婦の方ならわかると思うんですが、爪楊枝や串って、ゴミ袋に穴が開いて困りますよね!)

そんな理由で、私自身もよく使っています。

【FLOSSY!】以外の子供用デンタルフロス

子供ってすぐ飽きてしまいますよね。この【FLOSSY!】に飽きる日も近いです。デンタルフロスの習慣を作るべく、他にどんなフロスがあるのか調べてみました。 

お馴染みの小林製薬から、アメリカンなデザインのものまで、思ったよりいろいろなものが発売されているので、順番に試してみるのも楽しそうです。

ただ、どれも1本あたり10円以上コストがかかるのが難点。

大人用だけど、安さならコレ!

子供用ではないですが、この【デントファイン】なら1本あたり4円くらいなので、コストを重視するなら助かる商品です。

私はこのピックがついているタイプが結構好きなのですが、夫は糸だけのタイプの方がいいというので、どちらがいいかは好みの問題ですね。糸だけのタイプは始めは難しいですが、慣れてくると効果的に歯垢を取ることができるのでオススメです。

では、今日はこのへんで!良いプラークコントロールを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です