刹那な人生を、もっと燃焼しよう

せつなライフ

メディアと子供

はじめはヒカキンが嫌いだったけど好きになった話【子供にも安心動画】

投稿日:

日本を代表するYoutuberヒカキン


猫の名前が決まりました!【ヒカキンTV】【ねこ cat】

 

もう説明する必要もありませんが、今、子供たちに最も愛されているユーチューバーであろう、ヒカキン。

彼を見て、小学生たちはこぞって「ユーチューバーになりたい!」と夢見ていたりするんでしょう。

もちろん、子供だけではなく、大人にも絶大なる指示を受け、チャンネル登録500万以上、ユーチューバーをマネジメントする企業、UUUMの顧問でもある。

ヒカキンがなんとなくいけすかなかった私

初めて彼を知った頃、私は「なんか嫌だ…」と、しっかり見もせずに、娘にも「ヒカキンとか見ないで」と言っていました。

彼の売りでもあるヒューマンヒートボックスで「ブンブン」言ってるのも、なんだか好きになれなかった。

それでも、娘はヒカキンを熱望する。

たまにYoutubeを許可して、ヒカキンを見ている娘を横から見る。

これを何回か繰り返しているうちに、私はヒカキンを誤解していたと思うようになりました。

そして、だんだんと、ヒカキンなら見てもいいとまで思うようになりました。

ヒカキンの動画は子供にとって優良コンテンツ

嫌なことを言わない

まず、ヒカキンは子供に害があるような言葉遣いをほとんどしません。

誰かの悪口とか、言わない。

度を超えた汚い言葉づかいをしない。

もちろんTVで「ピー」が入るようなことは言わない。

編集がうまい

Youtubeがたくさんの人にとって、とても身近になり、誰でも動画をアップすることができるようになりました。

その分、ありとあらゆるレベルの動画が山のようにある状態です。

見るに耐えないレベルのものも散見します。

「画質が悪い」「音が聞き取りづらい」などは、見る気が損なわれますね…。

その点、ヒカキンの動画はしっかり編集されていて、見る側のことを考えてると実感します。

しかも自分でやっているというのが、またストイックですよね。

にじみ出るいい人感

これだけ世間でもてはやされていると、出る杭は打たれるじゃないですけど、他から叩かれたりしそうですよね。

でも本当にいい人らしく、叩きどころがなさそうです。

どこまで事実かわかりませんが、元カノの証言も納得。

dogaentame.net

にじみ出る努力の賜物感

ヒカキンが初めてYoutubeに動画を投稿したのは2006年。自分の得意なボイスパーカッションの動画を見たり、自分でもアップしたりしたのが始まりだったとか。

その当時、日本ではまだYoutube自体があまり知られていなかったので、数年間はひたすら地道に動画を作り続けていたんでしょうね。

その後、2010年に月間の再生数が日本一に。そこからの快進撃はみなさまご存知の通りかと思います。

とにかく続ける。

これがさ、難しいんだよね。

ヒカキンは安心して見せられるけどほどほどに

Youtubeって本当にたくさんの動画があって、関連動画なんて表示されちゃうものだから、ドンドン見てしまいますよね。

子供はその誘惑に勝てるほど自制心が出来上がってないし、中には見せたくないような内容のものも混ざっています。

関連するものばかりが続くので、全く興味のない世界との意図しない出会いがないのも残念です。

だからやっぱりYoutubeはたまーに、だけね。

 

www.s-life.work

 

-メディアと子供

Copyright© せつなライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.