刹那な人生を、もっと燃焼しよう

せつなライフ

メディアと子供 思うこと

映画『聲の形』を娘と観て私が泣いた夜

投稿日:

Eテレで放映された『聲の形』を娘と観た

koenokatachi-movie.com

耳の聞こえない少女と、小学校でその子をいじめていた少年のお話です。

主犯としていじめていたその少年は、いつしかクラスで吊るし上げられ、逆にいじめられる立場へ。

それ以来、彼はいじめられっ子として成長し、高校生になって、耳の聞こえない少女と再開して、物語が動き始めます。

聲の形』を観た娘の反応

いじめられたくないし、いじめたくもない。

いじめられてる子を助けると、自分もいじめられちゃうなら、助けるのも怖い。

いじめ問題に対してはこのような感想でした。

そうだよね、素直だね。

幸いにも私自身は、「いじめ」に直面してこなかった。

だから、真剣に向き合う機会もなかった。

今は「いじめ」って当たり前にあるんだろうか?

死にたくなるほどの「いじめ」が起きたら、どうしたらいいんだろう?

もし「いじめ」にあったら

「いじめ」で自殺する子供のニュースを見るたびに(学校なんて行かなくていいのに…)と思います。

学校にいくのをやめても、解決しないのでしょうか?

そんな簡単な問題じゃない!とお叱りを受けるかもね…

でも、娘には「いじめられて辛かったら、学校行かなくていいからね」と伝えました。

子供の頃は、学校が全てになりがちです。

でもそんなことは全然なくて、世界はすごく広くて、いろんな人がいて、どっかしらに居場所がある。

そう信じられる人になって欲しいです。

閉ざしてしまう前に向き合うことを恐れない

ちょいネタバレになりますが作中では、心を完全に閉ざしてしまった主人公の少年が、自分の周囲の人の顔にX印をつけます。

人の顔を見ない。

怖いから、話さない。

傷つくから、聞きたくない。

そんな状態になっていました。

それでは友達が欲しくてもできないですよね。

よくわからないものは、なんだか怖い。

怖いから攻撃(いじめ)したくなる。

わかり合うって、難しいですよね…。

人の顔を見る。

自分のことを話す。

人の話を聞く。

時には傷つくけど、それも練習。

傷はついても、治るし、死にはしない。

傷つく練習をしてないと、ちょうどいい距離感ってわからない。

 

物語の最後には、周りの人のX印が全部剥がれるシーンがあります。

圧巻です。

ぜひお子様と鑑賞して、感想を語り合ってはいかがでしょうか?

 

-メディアと子供, 思うこと

Copyright© せつなライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.